店舗案内

店舗案内

まるごと海の幸「すし鮮」

いわゆるファミリー回転寿司に飽き足らなくなったのはお客様だけではありませんでした。
「すし家族」というファミリー回転寿司を展開していた私も、もっと手応えのある回転寿司をやりたかった。その頃、各地で産声を上げ始めていたのが「グルメ回転寿司」でした。
それまでの店はファミリーレストランを真似たような洋風の店が流行でした。店名も「アトムボーイ」とか「すしボーイ」とかでした。価格も100円・150円・200円が中心。高くても300円までが常識でした。当然、価格に縛られ、思ったようなお値打ち感のある寿司が出せませんでした。
「グルメ回転寿司」を知った私は唸りました。「回転寿司」でもこんなことができるんだ・・・・・。
価格は120円・180円・240円・300円・500円と続き800円まである店もありました。店名も「すし勢」だとか「寿司正」だとか、寿司屋らしい名前でした。中では職人が握り、寿司ネタも、ヒラメあり、鮑あり、大トロあり、そのネタがまた大きいのです。圧倒的なお値打ち感がありました。
ファミリー回転寿司に消火不良気味だった私は、すぐさまグルメ回転寿司に取り組みました。当時、まだ「(株)西田鮮魚店」と名乗っていた私たちの得意はやはり魚です。ネタには自信がありました。ただ、料理の技術は、もうひとつ。ここはネタの豊富さとネタの大きさ、そしてなにより新鮮さを前面に押し出してお客様を喜ばせようと決めました。
そうして開店したのが「すし鮮 西条店」。のちに、社名にした「鮮」という字を旗印にしました。
「まるごと 海の幸」というキャッチフレーズが提案され、これは、「すし鮮」にぴったりだということで旗印にしたのです。今はありませんが、天井から「まるごと 海の幸」という大きな行燈が下がっていました。
とにかく、鮮度と大きさには徹底的にこだわりました。とくにマグロ。これは皿からはみ出すほどに大きかった。それがお客様に喜ばれ、行列のできる店になりました。
「すし鮮」という名前をつけた店は呉市と三原市にあります。両市とも海辺の町、漁師の町だから、まるごと海の幸の「すし鮮」という名前にしたというのは後付けの理由。ほんとは、呉市に出店するとき、どうしても「すし鮮」にしてくれとディベロッパーの社長に言われたのでそうしました。
今になってみると、呉市も三原市もさすがに海辺の町、魚へのこだわりは半端ではありません。この「すし鮮」という名前で良かったと心から思います。
どうでもいい話ですが、この「すし鮮 西条店」ができたとき、私はそれまでの「すし家族」と、できが全く違って素晴らしく雰囲気が良い店ができて、それまでの店にない満足感がありましたし、私の母も、レセプションの時涙を流して喜んでくれました。母が店を見て泣いたのはこの時だけです。
「まるごと 海の幸」。この旗印にふさわしい「すし鮮」にしなければいけません。

今月の一品

海老と牡蠣と蛤

本日2月5日からのおすすめ商品です。

春間近 旬のネタが入荷しました。

『ぼたん海老の一尾握り』は
ぷりっぷりでとろける食感と濃厚な甘みが絶品です。
お寿司を食べられた後の頭を、【海老の殻せんべい】として提供するサービスも行っています。
また、毎朝一本一本丁寧に串打ちし、さっと湯がき丁寧に開いて、手間をかけて寿司ネタにした『朝湯で海老』もぜひ味わっていただきたい商品です。
サクッと味わい深い『海老天握り』もおすすめです。

そして、栄養たっぷり 広島 大野産の『牡蠣の握り』も登場しました。
握りだけでなく、『牡蠣フライ』や『牡蠣のお吸い物』など、色々な牡蠣の美味しさを堪能していただけるようにご用意しています。

この時期の定番『煮蛤の握り』は肉厚で噛むと美味しさが広がり、食べごたえある逸品です。

まだまだ寒さの残るこの時期の旬の味覚の美味しさを、ぜひ味わってみてください。
みなさまのご来店をお待ちしています。

すし鮮 店舗一覧

すし鮮 西条店

〒739-0003 広島県東広島市西条町土与丸1518-1
tel.082-431-3580

すし鮮 呉店

〒737-0029 広島県呉市宝町2-62
tel.0823-32-3155

すし鮮 三原学園通り店

〒723-0016 広島県三原市宮浦5-3-5
tel.0848-61-3561