鮮コーポレーション新卒・キャリア採用CONTENTS

エントリー

0824-72-0135

エントリー

鮮コーポレーションとは

鮮コーポレーションが大切にしている事

鮮コーポレーションは広島県内に、本格グルメ回転寿司8店舗、焼肉2店舗、料亭1店舗、鮮魚店1店舗を経営する会社です。
それぞれが、広島県で一番のお店を目指しています。
経営理念は「新鮮な日々 鮮やかな人生を生きる」です。
各店舗で働くみんなが、活き活きと活躍できるそんな会社でありたいと思っています。

「すし鮮」「すし辰」に「これが私たちのモットー三ヶ条」というものがあります。
一. 手作り 手仕込み 店仕込み
一. 炊きたて 切りたて 握りたて
一. 安いことより 美味しいこと
すし部門だけでなく、「カルビ屋大福」も「鄙の料亭 地御前」も心は一緒です。 私がなにより大事だと思うのは「おいしいこと」です。 お店の造りも内装も設備も、すべて「おいしい」ことのため。 だから、少々お金がかかっても、しっかりした店を作ります。 接客もおいしく召し上がっていただくための手助けだと思います。 だから、しつこいくらいに「笑顔 笑顔」と言い続けます。 やっぱり、商品が一番です。「おいしい商品ありき」そこから全てが始まります。 それが「鮮コーポレーション」のこだわりです。

鮮コーポレーションは地元広島で、本格回転寿司店「すし辰」「すし鮮」、焼肉店「カルビ屋大福」、「鄙の料亭 地御前」、「西田鮮魚店」を経営しています。 すべての店舗で「品質」にこだわり、旬の新鮮な素材を用いた最高品質の料理を提供しております。 創業66年の経験や技術に加え、新しい時代のエッセンスを取り入れながら、あらゆる世代のお客様に喜ばれるサービスをお届けできるよう日々精進していきます。

鮮コーポレーションの5つの柱

  • すし辰
  • すし鮮
  • カルビ屋大福
  • 鄙の料亭 地御前
  • 西田鮮魚店

すし辰

すし辰

匠の技匠の心 「すし辰」

毎日自ら仕入れを行い、仕入れたお魚を各店舗でさばき、美味しい事にとことんこだわっております。 現在5店舗のすし辰は、お寿司を食べるところではなく、お寿司を楽しむ所です。 魚屋がやる寿司屋ということで、魚屋の新鮮さ、豪快さを併せ持ちながら寿司屋本来のきめ細かな料理を提供できる店を目標にしています。

すし鮮

すし鮮

まるごと海の幸「すし鮮」

現在3店舗を展開中のすし鮮は、海辺に近い町に、漁師町に近い場所にあります。 まぐろの鮮度と大きさには徹底的にこだわり、いけすを設置し、注文が入ってからさばく生き生きしたお寿司をご提供するお店、 一年中地物のまだこも楽しめるお店になど、地域柄、魚に特にこだわりのあるお客様に満足していただける豊富なメニューでお客様をお出迎え致します。

カルビ屋大福

カルビ屋大福

ブランドプレミアム牛
佐賀牛へのこだわり

季節の逸品メニューと柔らかいお肉でお客様をお出迎え致します。 地元のお肉はもちろん、食べ放題の大皿もあり味へのこだわりと共に満腹でお帰り頂きたい。 そんなこだわりで日々精進しております。

鄙の料亭地御前

鄙の料亭 地御前

くつろぎの和の時間と共に

おもてなしを第一に鮮コーポレーションの目指す空間を具体化させました。 宮島 厳島神社の外宮 地御前神社を眺める地に立つこの屋敷を私たちはこう名づけました。 「鄙」はいなかを意味します。 安芸の小富士と称される似島が正面に 宮島が右手に望めます。 たくさんの牡蠣筏が浮かび 小船が行き交う穏やかな瀬戸の海につながるかつて牡蠣打ち場だったこの地は まさに鄙(ひな)でした。 鄙(ひな)の地にたたずむ 鄙(ひな)の風情の 鄙(ひな)の料亭。 大切な方とのお食事に是非ご利用下さい。

西田鮮魚店

西田鮮魚店

鮮コーポレーション発祥のお店

商いの原点とも言えるこのお店では早朝、市場からの仕入れたお魚をお店でさばき握りたてのお寿司のお持ち帰り寿司をご提供しております。

会社概要

事業所名 鮮コーポレーション
代表 西田 昌史
設立 1984年4月
創業 1949年
スタッフ人数 59名(他パート、アルバイト421名)
住所(本社) 〒727-0013 広島県庄原市西本町2-18-8 新興ビル4F
電話番号 0824-72-0135
資本金 1,000万円
事業所 広島市、呉市、庄原市、三次市、東広島市、三原市、廿日市市
※今後も広島県南部を中心に店舗を展開いたします。

鮮コーポレーションで働く魅力